BLOG

カツオのトロ「ハランボ」ふわっじゅわ~と口に広がるカツオのうまみ!!

今回はカツオの「ハランボ」を紹介します。

「ハランボ」は1尾から1枚しか取ることができない、カツオの腹の部位(ハラミ)。マグロで言うトロの部分になり、高知県ではなじみがある食材。高知市内の居酒屋などでは、塩焼きや素揚げにされたものを食べることができます。 大正町市場でも販売されており、食べることができますよ~。

カツオのサイズによってハランボの大きさもまちまちです。
しかも1枚100円ほどの値段です… トロがこの価格。県外のお客さんもまさかこれがカツオのトロとは気づきません。

「これ、なんですか?」とよく聞かれます。
「カツオのトロですね~。カツオのお腹の部分で、脂がのって美味しいですよ~。」とお話しするとだいたい皆さん購入し、食べていってくれます。

なぜこの価格なのか?魚屋さんに聞いたのですが…「なんでやろね~。需要がないからかね~。」とのお返事でした。そうなんです、まだ知名度がそんなにないんですよね。「めじかの新子」みたいに人気奮闘したら、お値段高騰するかもしれませんね!

「ハランボ」は塩焼きで!

新鮮なハランボは塩焼きでシンプルにいただきます。焼いている最中、ポタ…ポタ…ジュワーーーっとしたたる脂。めっちゃええ焼き具合!焼いてもらっているのですが、見てるとテンションが上がってきました!

見事な焼き上がり!!!光っております。

一口食べると!「ええ~~~!何これ」と驚き。

表面がパリとして、かむとプリっと身は柔らかくふわ~~。そして魚の脂と濃厚なカツオのうまみがお口にじゅわ~~。思わずニッコリ。「うんま~パクパクいける!」なんで今まで食べてこなったんだ=====!と少し後悔。実は私、見た目でなんとな~くハランボ食わず嫌いしていました……。見た目でなんとな~く。カツオは大好物なのですが、ハランボは食べなくてもいいかな~ぐらいに思ってました。

ハランボすみません!!

「これはビール!いや日本酒でも…合うね~。」くさみもなく、濃厚なのにさっぱり味、これは食べたらハマりますよ。


新鮮なカツオのハランボだからこの美味しさ、大正町市場内では串焼き販売や、鮮魚店で焼いてもらい食べることができます。大正町市場でぜひ食べてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook

最近のコメント

    PAGE TOP