久礼大正町市場とは

大正4年、それまでは地蔵町通りと言われていましたが市場周辺一帯の約230戸余りが、大火事で焼失してしまいました。その時に、大正天皇が落ち込んだ町民へ復興費として当時のお金で350円を寄付してくださいました。これに深く感激した町民たちはそれまでの町名でもあった旧地蔵町通りから「大正町」へと改め、市場の名称も「大正町市場」となり現在にいたっています。

In 1915, the market was consumed in a large fire and 230 houses were lost. Emperor Taisho gave the residents 350 yen to rebuild the market. That is 2.2 million yen worth from then now. Therefore, this market is called the “Taisho-Machi market”. 

明治時代の中ごろ、漁師のおかみさんたちが捕れた魚を売り出すようになったのが市場のきっかけ。新鮮な魚で人気の大正町市場は、干物や地元の野菜、果物から、店内で食べられる魚介のどんぶり物など、海や山の美味しいがギュッと詰まっている市場です。露天のおかみさんに気軽に声をかけて美味しい魚を教えてもらうのも大正町市場流のお買い物。買い物の後には久礼の街並みの散策もおすすめです。「漁師町・久礼」を存分に楽しんでください。

In the middle of the Meiji period, fisherman’s wives had sold fish that their husbands or sons caught here. Naturally, this place became the star of a fish market. Now, various fish and agriculture products are sold  here. You can also eat fresh food and get your fish cooked right here. After you shop and have lunch, you can stroll around the port, observing the unchanged lifestyle of Japanese fishermen.

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

facebook

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP